名探偵コナンNovels.1「甲州埋蔵金伝説」

(青山剛昌原作・小学館・週刊少年サンデー)

タイトル
Novels.1 甲州埋蔵金伝説
英題
-
発売日
2005/5/15
原題
小説オリジナル
ジャンル
本格・冒険・サスペンス
事件現場
山梨県 黒淵村
管轄
 
登場人物
江戸川コナン
阿笠博士
灰原哀
吉田歩美
小嶋元太
円谷光彦
久保紗雪
梅崎忠雄
久保安春
門倉良造
木村
田中
本編の主人公、正体は工藤新一
新一の家の近所に住む自称天才科学者
黒の組織から来た謎の少女、本名宮野志保
帝丹小学校に通うコナンのクラスメート
帝丹小学校に通うコナンのクラスメート
帝丹小学校に通うコナンのクラスメート
黒淵村・久保旅館の若女将
久保旅館の料理人
紗雪の父、埋蔵金研究家
埋蔵金ハンター
奇妙な中年の二人組
奇妙な中年の二人組
あらすじ
「」
 発端は夏休みでした。阿笠博士の引率でキャンプに向かった探偵団たちだったが、今回は阿笠博士の提案でいつもとは違う富士山麓の元西湖畔にできたという新しいキャンプサイトに一泊二日に向かう。その日は設備も新しい上に混んでおらず、美味しいカレーライスを食べ満足にキャンプ地を後にした。ところが阿笠博士が帰り道を間違えたためかもう五時間も走りっぱなしにも関わらず未だにどことも知れぬでこぼこの山道を走り続けていた。そして─

 ビートルはほどなくガス欠を起こし、空気の抜けるような音とともにストップしてしまったのだ。悪いことに携帯電話も圏外であり、途方に暮れる阿笠博士と探偵団たち。何とか民家なり通り過ぎる車なりがないかと歩いて探すものの成果はなく、かえって阿笠博士が足をねん挫してしてしまう始末だった。しかし時刻も夕闇に迫ろうかという頃一台の白いワゴンが一行の前に現れ、探偵団たちは九死に一生を得る。そして車の側面に書かれていた「久保旅館」へと向かうこととなったのだった。

 
今回の見どころ
 
豆知識
 
小説
谷豊
イラスト
谷豊
評価
 

■以下ネタバレつき感想■
(未見の方はご注意下さい)

感想
評価 
 
Loading

TOPへ

Powered by Google

名探偵コナンカレンダー

×