4番サード

長島茂雄 稲尾一久

4番サードicon
「4番サード」
(1993年)
(小学館)

 あの”ミスター・ジャイアンツ”と呼ばれた往年の名選手、読売巨人軍の長嶋茂雄と同姓同名というだけで、4番でサードのポジションと背番号「3」を与えられてしまった、どこにでもいる普通の野球が大好きな高校球児・長島茂雄。

 彼はそんな周囲の熱い(?)期待に応えるべく、日々何千何万回も素振りをしまじめに練習に取り組みますが、重圧もあってかなかなか結果を残せず凡打と三振の山。そして敵からは名選手の代名詞である長島茂雄という名前を皮肉られる始末…

 そんな彼にある日突然、転機が訪れます。《名園運動具店》という何とも怪しげな店の主人から一本のバットを譲り受けたのでした。 そしてそのバット…実はあの”神様”からもらったバットらしく、ユニフォームのポケットにお金を入れて打席に立つと、その金額次第で絶大なパワーを発揮するというのです…!

 半信半疑な茂雄は、早速バッティングセンターで”神様のバット”の成果を試してみるのですが……

 どんな球でも打てるバットが欲しい…という原作者・青山剛昌の子供の頃の夢を形にしたという、ファンタジー野球漫画の決定版。連作短編集!!


■原作■

青山剛昌
(Gosho Aoyama 日 1963- )


■主要キャラクター紹介■

長島茂雄
(ながしま しげお)
 本編の主人公。港南高校野球部員で2年生。元巨人軍のスーパースター長嶋茂雄と同姓同名であることから、4番サードのポジションを任される。いつも最後まで居残るほどの練習熱心だがなかなか結果に結びつかず、50打席ノーヒットの大スランプも経験…。
 ”神様のバット”を授かった後は、金欠を解消するために野球とアルバイトの掛け持ちで大忙しの身…。背番号も長嶋と同じ「3」
江夏豊
(えなつ ゆたか)
 金欠に悩んだ長島が、時給800円でアルバイトを始めた先の喫茶店《景虎》の店主の娘。長島と同じ港南高校に通う。
 父親が大の阪神タイガースファンのため、かつて阪神で活躍した名投手・江夏豊と同じ名前を授けられ、それを苦にしている…。長島に「甲子園に連れてって」と言い、五円玉の入ったお守りを手渡す
稲尾一久
(いなお かずひさ)
 関西の雄・大金高校野球部員。”鉄腕”と称えられた西鉄ライオンズの名投手・稲尾和久を彷彿とさせる豪腕投手で、長島がバットを授かったあの名園運動具店から”伝説のグローブ”を授けられる。
 元々は金持のボンボンが集まる弱小チームだったものをただ一人の力で甲子園まで連れてきたという自負がある。稲尾財閥の御曹司でクレジットカードを常に携帯し、資金力は桁違い…
野村勝哉
(のむら かつや)
 南海ホークスの名選手で、監督としてはID野球で何度も日本一を経験している野村克也ばりの、データを元にした”頭脳野球”を得意とする愛出学院の捕手。観察力に優れ、相手の弱点を容赦なく突いてくる。港南高校との対戦では、長島の”弱点”を発見し…
有藤
(ありとう)
 港南高校野球部キャプテン。3年生でエース。年老いてどこか頼りない監督の代わりにチームをまとめ引っ張っていく面倒見の良い先輩。練習熱心で努力家の長島を誰よりも高く評価している。
柳田
(やなぎだ)
 港南高校野球部員。長島の一年先輩の3年生で5番ファースト。「当たれば月まででも飛んでいく」ほどのパワーを持ち、豪快な性格で明るくチームのムードメーカー的存在。しかし4番の長島が打ち始めると、相手チームの敬遠策で……。背番号は長島が「3」をつけているため「5」
名園運動具店店主
(なぞのうんどうぐてん)
 長島に”神様のバット”の存在について話して聞かせてくれた人物。この店の前に現れた背番号14の男から長島はバットを授けられる。
 密かに昭和の名勝負として名高いメジャーの本塁打王ベーブ・ルースと元巨人軍の伝説の投手・沢村栄治の再現をを夢見ている。

■事件ファイル■

【単行本】

No. 作品名 発表年 発売および掲載 備考
  4番サード 1993 小学館文庫「4番サード 青山剛昌短編集」('03)
小学館 少年サンデーブックス「青山剛昌短編集 4番サード」('99)
小学館 少年サンデーコミックス
 
   1 奇跡のバット 1991 週刊少年サンデー1991年1月増刊号 vs江古田高校
2 甲子園に連れてって 週刊少年サンデー1991年5月増刊号 地区大会決勝
3 自信をもって 週刊少年サンデー1991年10月増刊号 vs梅商学園
4 打倒! 頭脳野球 1992 週刊少年サンデー1992年4月増刊号 vs愛出学院
5 怒りの一打 1993 週刊少年サンデー1993年1月増刊号 vsYK学院
6 伝説の対決 週刊少年サンデー1993年2月増刊号 vs大金高校

【番外編】

No. 作品名 発表年 発売および掲載 備考
53,000分の1の悪魔 2003 名探偵コナン 第43巻 名探偵コナン アニメ第383話
甲子園の奇跡!
見えない悪魔に負けず嫌い

の原作で、長島が3年生になってからの話
甲子園の魔物の挑発
3つの数字の謎を解け! 名探偵コナン 第44巻
ヒントが無い!?
試合終了…!?

 

Loading

TOPへ

Powered by Google

名探偵コナンカレンダー

×